タグ:猫 ( 12 ) タグの人気記事

猫の契約








e0018424_0561590.jpg







顔もよく知らないほど疎遠な親戚の家に 

“ 長く生きている猫がいる ” と聞き 会いに出かけた。




日がな一日 台所のテーブル下から滅多に動くことがないという老猫は

「 人間ならば百をいくつか超えている 」 と聞いて想像していたよりもずっと

からだつきはふっくら丸く 毛並みも綺麗であることに驚いた。




とはいえ もはやその目は光を失って久しく 耳もずいぶん遠いのだと

これまた年老いた親戚は苦笑いをしてみせた。




どっこいしょと いささか乱暴に猫を膝に抱き上げると

彼女はこんな話を始めた。












この子がうちに来て18年経ったとき

こんなふうに言ったものだよ




“ どうか あと2年は生きていておくれ ”





お前がうちに来るまでも たくさんの野良猫を世話してきた



どれもみな 道で車に轢かれて長生きしなかった



お前は利口だから 決して道路を渡ろうとなんかしなかった






ねえ・・・   


そんな利口なお前にだから言うのだけれど






あたしも年を取った



お前が死んで寂しいからって 次の猫を飼っても もう看取ってはやれない・・・





猫を残して死ぬなんて あんまり辛すぎる





だから お願いだよ





あと2年できっかり20年


どうかそれまでは生きてておくれ





そうしたらもう 次の猫は飼わない



お前で最後にするのだからね・・・












乱暴な抱き方に抗議するかのように んなァ~・・・ と ひどい濁声で老猫が鳴いた。



約束どおり20年を生き 

見えない目で 聞こえない耳で 23年目を生きている猫・・・










その昔 猫を飼うときは猫に対し

「 2年飼ってやるよ 」 「 5年飼ってやろう 」

そんなふうに年限を決めておかねばならないと言われていたという。



さもなくば 猫は生き続けて 古猫 となり

何かの拍子に 化け猫 に転じると信じられていたからだ。






23年生きている猫は 律義に飼い主との 契約 を守り続けているのだろうか?








見えぬはずの目を覗き込み 聞こえぬはずのその耳にソッと


「 いまどき ヒトと契約を結ぶだなんて

  あんた ずいぶんと粋だねえ 」


からかい混じりに囁きかければ





「 まあね。」 と一言


いかにも面倒くさそうに答えつつ  ニィッ・・・ と嗤ってみせる







そんな気がしてならない












e0018424_1382887.jpg

[PR]
by cheshire335 | 2008-02-22 01:52 | 蟹の呟き

Blue






e0018424_1121574.jpg






百も千も  見通すほどの

[PR]
by cheshire335 | 2007-01-23 11:26 |

視線 6



e0018424_1242264.jpg

       なにを そんなに おそれて いるの?
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-22 12:07 |

 くろ



e0018424_1158383.jpg



近頃は、あっという間に家が建つ。

ついこのあいだ通りかかった時は、人が住んでいるやらいないやら
それすらも怪しいような古アパートがちんまりと慎ましく建っていたのに
いつの間にか取り壊されて更地になり、小洒落た家が三軒も建ってしまった。

これじゃあ地面に草が生える暇もありゃあしない!

草ぼうぼうの空き地など、この辺りでは滅多にお目にかかれなくなってしまった。


かつてはこの町にもたくさんの空き地があった。
もちろんそこは、子どもにとって絶好の遊び場だった。
かくれんぼ、高鬼、秘密基地、財宝ごっこ・・・

よじ登れる場所には登り、潜り込めるところには潜り込み、
何が楽しかったのか、一心不乱に穴掘りをしたこともあった。


そして空き地には くろ がいた。

黒いから、くろ。
なんて単純明快だろう。

くろは、当時遊び場にしていた空き地の一つに、ある日ひょっこり現れ住み着いた猫。
ひとつ所に腰を据えない、流れ者の猫だったのだと思う。
しっかりと生きる術は心得ていて、足元にすり寄り愛想を振りまいては食べ物をねだった。

放課後、小遣いを出し合って買った安物の猫缶を持ってくろに会いに行くのが
親には内緒の楽しみとなった。


私たちが “ ライバル ” の存在に気付いたのは、それから間もなくのこと。
空き地に行ってもくろに会えなかったり、餌を与えた形跡が見られるようになった。
ある日、ばったり鉢合わせしてみたら、同じ小学校の二学年下の女の子たちだった。

どちらも互いに譲らず 「 くろは自分たちの猫だから、勝手に遊ばないで!」 と主張した。
( 今思えば、何て身勝手な言い分だろう・・・ )
そしてくろをめぐり、激しい火花を散らせることとなった。

放課後になると一目散に空き地へと急ぎ、先にくろに会えたほうが 「 勝ち 」。
負けたほうはくろと遊べないことを悔しく思いながら、スゴスゴと退散するしかなかった。


そんな、おもちゃの取り合いのような状況に疑問を抱いたのは私たちのほうだった。

くろはくろで、誰のものでもなくて、命もあれば意志もある。
そんな当たり前のことを忘れて、奪い合っては自由を拘束していた。
大好きなくろに対してひどいことをしていた・・・そのことにようやく気付いたのだ。


私たちは空き地の塀に、石でメッセージを書いて残すことにした。


くろがすきなのは みんなおなじです
くろは みんなでかわいがりましょう


次の日、同じように石で書かれた言葉が並んでいた。


わかりました
けんかはやめて なかよくしましょう





それを機に、学年の差を超えた美しい友情が始まった・・・かと思いきや、
それから間もなくくろは現れた時と同じように、とつぜん私たちの前から姿を消してしまった。

私たちと年下の女の子たちは、以前と同じように他人に戻った。



石で書かれたメッセージだけが、ずいぶんと長い間、消えることなく残っていた。
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-18 12:11 | 蟹の呟き

 line



e0018424_1262382.jpg

       すべての物事に  境界線は存在する
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-16 12:09 |

 Go ahead!!



e0018424_11565842.jpg

       今だ と 思った時だけが 今
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-15 11:58 |

視線 5



e0018424_11561831.jpg

          嘘も本音も紙一重
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-12 11:57 |

Pride



e0018424_1295830.jpg

        意地でもなければ見栄でもない
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-10 12:11 |

Que sera sera



e0018424_126447.jpg

          なるようになるさ
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-10 12:07 |

視線 4



e0018424_12532645.jpg

    雨 が く る よ
[PR]
by cheshire335 | 2005-07-09 13:06 |