カテゴリ:蟹のあぶく( 14 )

蟹の泡 4




いつ泣く  今泣く  明日泣く
なぜ泣く  どう泣く  どこで泣く




誰かいないと泣けないんです

人目を気にして泣けないんです



誰かにこの涙を見せつけたいんです

誰にもこの涙を知られたくないんです



悲しみを分かち合いたいんです


気が済むまで泣き続けたいんです


声を上げて泣き叫びたいんです




苦しいのに 涙 出ないんです・・・





e0018424_11593134.jpg



みんな  ほんとは  泣きたがり

[PR]
by cheshire335 | 2005-10-24 12:04 | 蟹のあぶく

蟹の泡 3





祈ることを忘れて
歩くことを忘れて



花びらのようにひとつずつ
みんな失くしてしまえたら
どんなに楽になれるだろうと



あきれるほどに身軽になってしまうことを
くるおしいほどに畏れてるくせに



叶えるつもりのないことばかりを
くりかえし思い描くだけ





e0018424_15443895.jpg



散る花のように震えては
散る花のように夢を見る

[PR]
by cheshire335 | 2005-10-06 15:52 | 蟹のあぶく

蟹の泡 2




咲かぬ花あれど 散らぬ花はなし



花は咲き 花は散る

また花は咲き また散ることの繰り返し



そんなあたりまえのことが 嗚呼

なぜこんなに心を打つのだろう

なぜこんなに胸が痛むのだろう




e0018424_1514792.jpg




あたりまえなんて ほんとうは

どこにもありはしないから

[PR]
by cheshire335 | 2005-08-10 15:09 | 蟹のあぶく

蟹の泡 1




きれいな言葉を知りすぎて
自分の言葉を忘れてしまった


容易い道を選んでばかりで
自分の道さえ忘れてしまった


こだわることが多すぎて
忘れたものが多すぎて


もう一歩だって進めはしないと思った


ましてや自分が来た道を
辿って戻ることさえも・・・






e0018424_128318.jpg

[PR]
by cheshire335 | 2005-08-05 12:09 | 蟹のあぶく