猫の契約








e0018424_0561590.jpg







顔もよく知らないほど疎遠な親戚の家に 

“ 長く生きている猫がいる ” と聞き 会いに出かけた。




日がな一日 台所のテーブル下から滅多に動くことがないという老猫は

「 人間ならば百をいくつか超えている 」 と聞いて想像していたよりもずっと

からだつきはふっくら丸く 毛並みも綺麗であることに驚いた。




とはいえ もはやその目は光を失って久しく 耳もずいぶん遠いのだと

これまた年老いた親戚は苦笑いをしてみせた。




どっこいしょと いささか乱暴に猫を膝に抱き上げると

彼女はこんな話を始めた。












この子がうちに来て18年経ったとき

こんなふうに言ったものだよ




“ どうか あと2年は生きていておくれ ”





お前がうちに来るまでも たくさんの野良猫を世話してきた



どれもみな 道で車に轢かれて長生きしなかった



お前は利口だから 決して道路を渡ろうとなんかしなかった






ねえ・・・   


そんな利口なお前にだから言うのだけれど






あたしも年を取った



お前が死んで寂しいからって 次の猫を飼っても もう看取ってはやれない・・・





猫を残して死ぬなんて あんまり辛すぎる





だから お願いだよ





あと2年できっかり20年


どうかそれまでは生きてておくれ





そうしたらもう 次の猫は飼わない



お前で最後にするのだからね・・・












乱暴な抱き方に抗議するかのように んなァ~・・・ と ひどい濁声で老猫が鳴いた。



約束どおり20年を生き 

見えない目で 聞こえない耳で 23年目を生きている猫・・・










その昔 猫を飼うときは猫に対し

「 2年飼ってやるよ 」 「 5年飼ってやろう 」

そんなふうに年限を決めておかねばならないと言われていたという。



さもなくば 猫は生き続けて 古猫 となり

何かの拍子に 化け猫 に転じると信じられていたからだ。






23年生きている猫は 律義に飼い主との 契約 を守り続けているのだろうか?








見えぬはずの目を覗き込み 聞こえぬはずのその耳にソッと


「 いまどき ヒトと契約を結ぶだなんて

  あんた ずいぶんと粋だねえ 」


からかい混じりに囁きかければ





「 まあね。」 と一言


いかにも面倒くさそうに答えつつ  ニィッ・・・ と嗤ってみせる







そんな気がしてならない












e0018424_1382887.jpg

[PR]
by cheshire335 | 2008-02-22 01:52 | 蟹の呟き
<< 蟹の泡 14 raison d'et... >>