蟹の泡 3





祈ることを忘れて
歩くことを忘れて



花びらのようにひとつずつ
みんな失くしてしまえたら
どんなに楽になれるだろうと



あきれるほどに身軽になってしまうことを
くるおしいほどに畏れてるくせに



叶えるつもりのないことばかりを
くりかえし思い描くだけ





e0018424_15443895.jpg



散る花のように震えては
散る花のように夢を見る

[PR]
by cheshire335 | 2005-10-06 15:52 | 蟹のあぶく
<< 蟹の泡 4   旅 >>